逆・天使と悪魔

「火を放っちまおうぜ!」
「ダメです。そんなことをしてはなりません」
「黙れ! 口出しするな!」

制止する天使をよそに、悪魔は火を放った。
あたり一面が火の海と化す。

タカシは眠気を追い払い、再びペンを動かした。

「やる気が出てきたね! 心に火でもついたのかい?」

隣で家庭教師が感心した。

GuX^ V[gV[giJ