141文字目の都市伝説

「おい、知ってるか?ツイッターにまつわる都市伝説ってやつ」

クラスメイトのSがコソコソとボクの耳もとで、そう呟く。

「いや、知らないよ、そんなの。都市伝説もクソもあるのかよ、ツイッターに?」

「それがあるらしいんだよ」

「へぇ~。そうなんだ、もったいぶらないで、教えてくれよ…」

 

ツイッターなるインターネットのサービスは、今、自分が何をしてるのか?をつぶやき、そのつぶやきをもとに、人々とコミュニケーションを取る、といったサービスだ。

そしてツイッターの特徴は何といっても、140文字という短い文字数に制限された中で、自分自身のつぶやきを作成し発信するところ。そう、ツイッターでは、一回のつぶやきに、140文字しか入力できない。そう、140文字。

 

Sがボクに教えてくれたツイッターの都市伝説、それはなんと、ツイッターの140文字を超えた書き込み、つまりは141文字目以降を入力できるいうもの。

ただ単に、141文字目以降を入力できるってだけなら、ただのサービスのバグなんじゃないのか?ってところで終わるんだけど、それだけじゃなく、Sが言うには、

「なんでも、ツイッターの141文字目以降のつぶやきを入力すると、そのつぶやきが、実際に現実となって巻き起こるらしいぜ。つまりは、そこに願いを書き込めば、その願いが叶うってことらしい…」

 

そんなはずないだろうと、半ば疑いながらも、ボクにも叶えたい願いがないわけじゃない。またそれが、叶いそうにない願いだからこそ、余計に、都市伝説の力を借りてでも、叶えたい。

ボクは早速、インターネットにアクセスし、ツイッターのつぶやき入力画面を開く。

 

もちろん140文字目までは、いつもと何ら変わらないつぶやきを入力する。よし、ちょうど140文字を打ち終えたぞ。ここからだ。

そう意気込み、ボクはパソコンの画面を睨みつけ、固唾を飲みながら、141文字目を入力し始めた。

 

ボクがその日、141文字目から入力したつぶやきは、こんなものだ。

『同じクラスのユミと朝の登校中の曲がり角で偶然ぶつかる』

にひひ、控えめだけど、ウワサが本当かどうか試すにはちょうどいい感じだろう。そんなことを考えながら、パソコンの電源を落とし、眠りについた。

 

ドンッ!

いてて…。なんなんだよ、こんなすごい勢いで曲がり角を曲がってくるなんて。まったく失礼なヤツだ!

あっ?少し苛立ちながら驚くボクの目の前にいるのは、ユミ!

ユミはクラスの中でもズバ抜けて可愛い女の子。常に可愛い女子のグループの中にいるので、ボクなんかが話かけたり、ましてや遊んだりできる存在ではない。

そのユミが今、目の前で申し訳なさそうに、ちょっと恥じらいながら、こっちを見つめてる。

「ご、ごめんねっ!ケガしなかった?ホントにごめんなさい…」

う、うわぁ。なんて可愛いんだ…。こんな至近距離でユミを見たことがなかったもんだから、ボクは舞い上がってしまい、だ、だ、だ、大丈夫だす、だす?です。はい。などと、どもりながら、その場を去ってしまった。

 

おいおい、本当に願いが叶うじゃないか。

そう思い、味をしめたボクは、次から次へと、ユミに関して、思いつく願いを、ツイッターの141文字目以降に書き続けた。

 

ユミと二人きりで話すことから始まり、ユミと登下校したり、デートしたり、そしてそして、キスしたり。

 

そしてついにこの願いを書く日が来た。

そう、今日ボクは、ツイッターの願いのチカラを借りて、ユミとセックスすることになる。あの憧れのユミと、ボクがセックスするなんて。こんなにコトが上手く運んでいいものか。でも、このツイッターのチカラは、今までボクの願いを全て叶えてきてくれた。

そう心の中でつぶやきながら、ボクは汗でべとつく手をキーボードに乗せ、まずは140文字のつぶやきを入力する。願いの大きさに緊張し、普段なら何気ないつぶやきを入力するところだが、今日はそんな余裕すらない。もう適当に、なぜか『ヒマ』の二文字を連続で入力し、140文字を埋める。そして、141文字目から、願いを入力した。

『ユミと今からセックスする』

 

ボクは家を出た。もう、心ここにあらず。ソワソワし、ドキドキし、道の向こうからユミが歩いてくるのを、ボーッと眺めている。あぁ、ボクもついにユミとセックスできる日が来たんだなぁ。

 

あまりの嬉しさに、頭の中では、何の想像も妄想もできないまま立ち尽くしていると、道の向こうから人の歩いてくる気配がした。

ユミだな。そう思い、さらに胸を躍らせる。

すっかり日の暮れた薄暗い道の向こう、人のシルエットが見えた。ついに、ついに。

どんどんと近づいてくるシルエット。

 

ん?

なんだか今日のユミは、普段より大きく見えやしないか?

 

そう普段より大きめのシルエット、いや、大きめというか、とてもとても大きなシルエット、いわば巨漢のシルエットが、どんどんと近づいてくる。

 

ど、どういうことだっ?

 

ドドーン!と、ボクの目の前に現れたのは、クラスの中で、一番の巨漢、そして不潔で有名な、嫌われ者の女子。な、な、なんで、マユミが…?マ、ユミ?マユミ?マ、マ、マ!?

 

ボクはマユミに抱えられ、道路の暗がりへと連れて行かれた。もがくように抵抗しても、力では全く及ばない。なんといっても相手は、クラス一の巨漢、マユミなのだから。

 

ボクの部屋のパソコンの画面には、ツイッターの入力画面。ボクがさっき打ち込んだつぶやきが表示されている。『ヒマ』を連続で入力した画面。いや、入力したはずの画面。

 

そう、あまりに緊張し、あまりに適当に文字をタイピングしたもんだから、最後の『ヒマ』の部分が、『ヒヒマ』となっており、最後の『マ』が141文字目に、はみ出してしまっていたのだ。

 

だから、141文字目が、『マ』で、その後にボクの願い、『ユミと今からセックスする』

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>