出会い系サイトに騙された。
そして、多額の借金。

俺は業者の事務所を調べ上げ、乗り込むことに。

都内の雑居ビル。
俺の前に、血走った目の男。

──先客か?

男は事務所のドアを開け、静かに姿を消した。
数秒後、銃声が鳴り響く。

中を覗くと、そこには放心状態の男。
床には無数のサクラが散っていた。

GuX^ V[gV[giJ