プロ

「こいつのおかげで飯が食えるようになったんすよ」

あるバンドのドラマーへの取材。
指に挟んだ二本のスティックをクルクルと回す。

彼のプロ意識は高く、インタビュアーの山田は感心した。

挨拶して帰ろうと、楽屋を覗く。

「今日はどうも!」

そこには、スティックで白米をかきこむ彼の姿があった。

GuX^ V[gV[giJ