誕生

「はて? ナイフとフォークが見当たらないが?」

紳士たちは目の前の豪華な食事に胸を躍らせながらも、それを食べられずにいた。

長い沈黙を破るように、ひとりの紳士が叫んだ。

「ええい、もう我慢できん! 手で食べてしまおう!」

紳士たちは皆一斉に手でガツガツと食べ始めた。

目の前の、マンモスの肉を。

GuX^ V[gV[giJ