回転寿司にて

周りは家族連れやカップルばかりの中、ひとりぽつねん、寿司を食っている。

 

いつもそう、休みの日には、ひとりで回転寿司を食べにくる。

もともと寿司が好きってのもあるけど、この色とりどりの寿司ネタが、皿に乗ってグルグルと回転している様子を眺めるのも、嫌いじゃないなぁ。

 

それにしても、隣のテーブルのカップルなどは、さぞ楽しいのだろうな。二貫乗っている寿司を、ひとりひとつに分けて食べたり、ガリを皿に盛ってあげたり、パネルでお互いの食べたい寿司を注文し合ったり。まったくデート気分も、いい加減にしてくれよ。

そんなことを心の中でブツブツ言いながら、回ってきたビントロをパクリ。

 

パネルで寿司を注文すると、比較的鮮度の高いネタが来ることが多い。そりゃそうか、注文後に作りだしてるんだもんな、レールを回転しているやつらとは、わけが違うわな。

でも、やっぱり、レールを回るやつらが、好きだったりする。それを楽しみに来店してるっていうのも、あるかな。

 

そんなことをボーっと考えていると、妙な感じのマグロがレールを回ってきた。

あまりにもボーっとしてたのと、レールに目をやったのが一瞬だったため、その妙な感じを見逃してしまった。

 

今の、なんだったんだろう?再びここまで回ってくるだろうか?途中で誰かに取られやしないだろうか?それにしても、気になるなぁ。

 

しばらく不自然にレールを次々に過ぎていく寿司をボーっと、それでいて真剣に見つめる。なんだかもう、食欲がどこかに行ってしまって、さっきの違和感のあるマグロの皿が来やしないか、そればかりで、そわそわ。

 

ん?あれっぽくないか?

 

タマゴが二皿続いた向こう側、とうとう先ほどの『違和感マグロ』がやってきたようだ。遠めに見ても、やっぱりなんだか違和感がある。何かが、はみ出しているような…。

 

誰も取るな、誰も取るな、そう祈りながら、その『違和感マグロ』が目の前にやってくるのを待った。幸いにも誰もそのマグロは手に取らず、静かに黙って目の前に。慌てず、しっかりとそのマグロの乗った皿を掴み取り、カウンターの上に。

 

何かがはみ出しているように見えたもの、それは紙切れだった。マグロのネタとシャリとの間に、紙切れが挟まっていたのだ。どうりで両サイドに羽が生えてるように見えたもんだ。そろり、その紙を抜き取ってみる。

 

「左斜め前の座席を見て」

 

そう記されている。え?どうゆうこと?わけが分からず、でも無意識のうちに、左斜めの座席の方に目をやった。なぜだか誰にも気づかれないように、そっと。

 

するとそこにはひとりの女性。回転寿司のカウンターに座っているのが、不自然なくらいにキレイな女性。なんであんなにキレイな女性が、しかもカウンターにひとりで座っているのに今まで気づかなかったんだろう?彼女の方を向いたことを感じたのか、こちらには目をやらず、少し伏し目がちで、少し微笑んで、ペコリと。

 

おぉ!なんだ、今日は!これは何が起こっているんだ?と、思い、皿の上に残ったもう一貫のマグロに目をやると、なんとこちらにも紙が挟まっているじゃないか。そこはもう気になって、気になって、一気に紙を引っこ抜いた。

 

「付き合ってください」

 

どーーーーーん!付き合ってください?あんなキレイな女性が、僕と???どーーーーん!

 

僕はとてつもない勢いで、マグロを口の中に放り込みほおばった。しかも二貫同時に。そして、僕の目からは涙。僕の目からは、涙。まるでネタのような告白に、嬉しさのあまり泣いてるのかって?まさか、ワサビのせいさ。ワサビがしみたせいだよ。そんな言い訳を自分にしながら、テーブルの上の紙切れ二枚を、その手のひらに、ぎゅっと、握った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>