前向きなフリ

ココロにナイフを突き刺して
痛みがないから 笑ってみた
いつしかそんなに鈍感な
ココロを守って生きてきた
あっと言うまに気づいてみたら
何かが儚く崩れ去る
何かが終わりを告げてしまう

涙も枯れてる自分の瞳
ホントの声すら無いコトバ
価値さえ疑う ひ弱なココロ
なんとか守って生きるのか?
あっと言う間に気づいてみたら
何かが怖くて逃げ出したい
何かが終わりを告げてしまう

確かなモノなど一つも無い
信じる術など一つも無い
在るのは疑う卑屈なサガ
なんとか隠して生きるのか?
あっと言う間に気づいてみたら
何かが頭をかけめぐる
何かが終わりを告げてしまう

誰かの影見て怯えてる
誰かのコトバに震えてる
キズつくことを知ったフリ
過剰なくらいに薄い自我
あっと言う間に気づいてみたら
何かをこの手で終わらせた
何かの終わりを告げてしまう

あなたのコトバが届かない
あなたのココロが届かない
全てを遮る僕の罪
それでも他人のせいにしてる
あっと言う間に気づいてみたら
何をするのも間違ってる
何かが終わりを呼んでいる

全ては其処に入るのか?
全ては其処に入るのか?
結局一番イヤな答え
いつしか手にした最後の意味
全てよ儚く終わってしまえ
全てよ終わりを迎えてしまえ