SFの世界

時間が戻った
其処は 君と出逢った瞬間の あの場所
その時点 とある時空の とある あの時点

僕と君は あの時 出逢わなかった
そのまま 時は流れ行く
何もなかったかのように 無表情に流れ行く

きっと 満たされない景色の連続
今在るであろう そんな価値観も もちろん持ち合わせない
あの感動も あの興奮も
先に観える 希望のカケラも 存在しない
それでも 何気に 日々は過ぎて行く
出逢ったかも知れないことを 知らずに過ぎて行く
出逢っていないので 別にそれらの損失も
今から見れば 果てしなく多大なモノだが
もちろん 気付きもしていないし
それこそ 何気に過ごせている

でも
僕は 君と出逢った奇跡を もう知ってしまって居るから
僕は 君と歩いた軌跡を 観てしまっているから

君を
僕の
ウソのせいで
失ってしまった
そんな今でも
後悔なしに 生きられている
ココロから 良かったと 思える

それが 自分勝手な考えだとしても

君が 僕の ココロの中に 塗ってくれた色たちは
やっぱり 太陽とか月とか夕日とかによって
悲しいくらいに 美しく 輝く

だから
SFの世界なんて 観たくも無い

たった 一つの 小さな小さな
そんな 事実が 一つだけ 在ればイイ
自己中心的と 批判されるかも知れない

だけど

感謝の気持ちで いっぱい

ウソが支配するまでの あの時間たちは

まぎれも無く 僕の中で 輝いていたし

輝き続ける