ポップな定説

導火線に 百円ライターで 火を点ける
みりみりと 導火線は火花を あげながら
短くなる
短くなる

目標は 自分自身
逃げも隠れも 出来ない

なんせ ターゲットは俺自身
言い訳?
妥協?
後悔?
そんなこと 言ってられる余裕が 在ると思うか?

導火線は 俺めがけて キリキリと 迫って来てるんだぜ

爆発するのを待ってる
完全爆発するのを待ってる

でもな
それは最終目標ではなく

毎日
夜の九時くらいには
必ず
点火されるから
今日もアートの数々が
俺の部屋や
俺のMDレコーダーや
俺のギターや
俺のノートや
俺のスケッチブックや
俺の筆や
俺の服や
俺の声や
俺の髪の毛や
俺のコトバや
俺のココロに

散らばりまくっているのさ