ジョナサンから観た 全てのカモメに捧ぐ

常識と非常識は 果たして 本当に 正反対だろうか?

違うはずだ
だって カモメは飛べる
そして 人間も飛べる
じゃあ、常識は空
非常識は羽

どっちにも属しているはずだぜ
どっちにも属せているはずだぜ

そんな感じを分かってみないか?
きっと 紅い空だって 部屋の中 ドアの内側から
世界の片隅を じっと見ているよりも 美しく飛べるはず

飛びたいなら 飛べばイイ
死にたいなら 死ねばイイ

ただ、
俺は
やりたいコトの重圧
それを感じて 今 責任感にがんじがらめに縛り付けられて居る
しかも それは 自分の命令で
全く持って 自分の言いなりで

だから 快感 だから 快感 だから 快感
だから 快感
忙しいから ウダウダ言ってられない
楽しむことに忙しくて ウダウダ言ってられない

夜の空でも 俺は輝く
そんなカモメを見たことあるかい?
ジョナサンだって そんなに幻想的じゃないはずだ
俺のオリジナリティー
持って生まれたアイデンティティー

百回挑んでみなっ
俺は
百三回努力してやるからさっ