ボウズの詩

冬の月夜に映えるボウズ。

まん丸な月とにらめっこするボウズ。

季節外れの肌寒いボウズ。

 

突拍子もない事態。

それがボウズ。

 

なつかしい匂いの染み付いた大量の髪の毛と共に、ノスタルジーな気持ちは排水溝へと。

 

二度とは戻って来ないカモ?

 

大量のノスタルジックな気持ちは排水溝へ。

その犠牲が愛しの髪の毛。

突拍子もない事態。

 

それこそがボウズ。

 

意味は無いから意味が在る。

実は深い哀愁の断髪式。

 

ついでに涙とか弱さとかも一緒にドブ河に流れればよかったのに・・。

 

でも、そいつらは依然ココロの薄い部分に宿泊中。

 

ノスタルジック?

はっ?

なんじゃそれ?

ワシ知らんなー。

だって、排水溝の奥深く。

今頃下水の流れの中。

 

だから、だから、

はっ?昔の自分?

知らんなー。

今の自分しか分からんで。

 

えっ?

ボウズの俺?

正解!

それが今。

ジャストナウ!

カッコ悪い??

でも、今の俺はボウズ。

月に向かって吠えたろか?

それもカッコ悪い?

でも、あの髪の毛は愛しの証。

自分が長年染み付いた証。

それが今では下水道。

今頃どっかのプレハブの横。

悪臭放つ俺の髪の毛。

 

ただ、今は無い。

ボウズ。

突拍子の事態。

それ自体が事態。

そんなんが好きで生きてきました。

短い自己紹介。

今からロングエピソードに仕上げる。

今からの事でエピソードを埋める。

だから、髪の毛は不要。

問答無用に不要。

 

フケた?

じゃあ若返ろっと。

今からがホンマの第?章。

?には無限でも当てはめておいてくれ。

 

みんなが俺を見る。

なんで?

うらやましいから?

いや!違うなー。

バカにしてんのか?

きっとそうかも。

でも、見られるんとか大好き。

だって、見られへんより全然マシ。

例えそれがバカにしていようが、哀れんでいようが、

見られるんは大好き。

悔しかったら見られてみろ。

この人間崩れがっ!

群れないよ。

だって、ボウズやから。

媚びないよ。

だって、ボウズやから。

 

群れたかったら、どうぞご自由に。

媚びたかったら、どうぞご自由に。

 

ボウズはたった一人で歩く。

これはピカソが言ってた。

三時間前くらいに言ってた。

DVDで言ってた。

だから、ピカソの言うこと信じよう。

ボウズはたった一人で歩くんか。

カッコイイな。

さすがピカソ。

 

群れないよ。

ボウズは。

もう髪の毛無いし。

みんなと同じじゃ無い。

疲れるのだけはゴメンやし。

自分のペースじゃないと感動せんから。

 

群れないよ。

だってアフロやから。

あっ!間違えた。

今の俺、ボウズやった。

しかも、時代遅れのボウズ。

カッコ悪いかもな・・。

でも、群れるん大キライな証拠に、

愛しの髪の毛を排水溝に送り込んだ。

 

半年経ったら帰って来いよ。

風邪ひいてしまうから。

新規開拓。

しかも髪の毛の。

今はボウズ的な気分。

群れたくない気分。

群れるぐらいやったら、溢れたい。

自分の感性に溺れたい。

 

今頃、俺の髪の毛は下水を出て、プレハブの横の溝。

まさにプレハブ生活。

ノスタルジック君

さよなら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>