アートに喰らいつけ!

アートが僕のことを喰らいついて来た。

内臓のちょっと左の部分。

喰らいつかれた瞬間に僕のココロは、

 

「ヴィジュアルジャンキーズ」

 

アートの牙が突き刺さった。

瞳の奥と、ココロの隙間。

血も涙も出なかったけど。

興奮はマックスのメモリをブチ壊した。

その瞬間に僕の両手は、

 

「クレイジーゴッドハンズ」

 

河のホトリには数十羽の鳥たち。

自由をついつい嫉んでしまった。

恥ずかしいかな?

カッコ悪いかな?

でも、清流はパーフェクト。

描き出す絵も独創的。

その瞬間に僕の頭は、

 

「マキシマムビビッドカラーズ」

 

首がもげるくらいに夜の空。

目ん玉吸い取られるくらいに満天の星空。

風は斜め上に吹き上げる。

草の上には大胆な露のつぶ。

その瞬間に君の瞳は、

 

「リアルダストスターズ」

 

アートが目の前を彷徨っている。

どいつをシバいてあげようか?

どいつをしゃぶってあげようか?

映し出されるモノ全てがリアル。

ウソのウの字も存在しない。

その瞬間に僕の未来は、

 

「デストラクションモーメントエナジーズ」

 

アートと肩を組んで歩いていくはず。

アートを旅に道連れにして行くはず。

アートといれば後悔しないはず。

アートを全て目に焼き付けて死ぬはず。

アートを信じて生きて行けるはず。

アートと心中するつもりで居るはず。

それさえ信じれれば文句ナシ。

それさえ宿っていれば怖いモン無し。

その瞬間に僕のアートは、

 

「サイレントアーティスティックボム」

 

または、

 

「ネクストジェネレーションヒッピーズ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>