ありがとうポイント

 不景気まっしぐらの日本。経済大国と呼ばれた頃の面影は、もはやどこにもない。豊かさを失ってしまってしまうと、国民性までもが貧しくなる。卑屈な人間も多くなるし、人間関係もギスギスする。金品を目的とした犯罪も増えるいっぽうだ。
 そんな状況を打開するべく導入されたのが〝ありがとうポイント〟。
 他人に何かをしてあげたとき、相手から感謝の「ありがとう」を言ってもらえれば、ポイントが貯まる。音声認識で「ありがとう」を自動的に感知するスマートフォンの機能により、それは爆発的に普及した。

「今日、地元の友達と飲みに行くって言ってなかったっけ? 資料の作成、まだ残ってるんだろ? 代わりにやっておくから、気がねなく行ってこいよ」
「おっ、悪いな! ありがとう」
 同僚の村上は喜んでオフィスをあとにした。
 その背中を見届け、僕はスマートフォンを取り出す。そして、ポイントの管理画面をチェック。村上からもらった「ありがとう」のポイントが加算されている。それを見てニンマリ。
 制度が導入された当初は、道徳的に物議を醸(かも)した。「ありがとう」という感謝の気持ちをポイント化することに、非難の声も少なくなかった。が、そこは不景気の世の中。現金化できるポイントの魅力は凄まじく、次第に否定的な意見は立ち消え、人々はせっせとポイントを貯めはじめた。

「よっしゃ! 今月は『ありがとう』ポイントがめちゃくちゃ貯まってる! 亜美の欲しいものプレゼントするね」
 高校の頃から付き合っている恋人の亜美。お互いが社会人になったタイミングですれ違いが多くなり、一時は別々の道を歩みかけた。だが、共有した時間の長さが再び二人を引き寄せ、こうして今も一緒にいる。むしろ今のほうが愛おしく思っているくらいだ。
「やったぁ! ずっと欲しいと思ってたバッグがあるんだよね。ありがとう!」
 亜美は無邪気に喜んでいる。そして、彼女が僕に言った「ありがとう」が、またポイントとして加算される。管理画面を見てニンマリ。
 今月はできるだけボランティア活動に参加してみた。どれくらいの「ありがとう」がもらえるのか。結果は、決して安くないブランドバッグを彼女にプレゼントできるくらいにポイントは貯まった。

 状況が一変したのは、それから数か月が経った頃だった。
『ポイント制度を改定します』
 そんな通知がメールで送られてきた。
 これまでは「ありがとう」がもらえるとポイントが加算されるだけの単純な仕組みだったが、これからはポイント減算の仕組みが追加されるとのことだった。
 特に影響はないだろうと受け流してはいたが、
「うそだろ?! ポイントがめっちゃ減ってる……」
 思わず目を疑ってしまった。貯めたポイントが、明らかに減っていたからだ。
 インターネットで調べてみたところ、どうやらネガティブな発言をしてしまうと、貯めたポイントが減ってしまうらしい。それだけならまだしも、ポイントがマイナスになると、罰として支払いの義務まで発生する。国民性の清濁(せいだく)をコントロールするのが目的のようだ。
 試しに呟いてみた。
「ふざけんなよ!」
 管理画面をチェックすると、無情にもポイントは減らされていた。

 どれだけ感謝の言葉を追い求め、清く生きたとしても、人はネガティブな言葉や思考を隠しては生きていけないものだ。ポイントの増減がそれを証明している。
 何気なく生活しているだけなのに、ポイントはどんどん減っていった。付け焼き刃で「ありがとう」をもらうくらいじゃ、到底追いつかない。

 部下につい言い放ってしまった「バカヤロウ」
 飲み屋で同僚とクダを巻きながら叫んだ「クソ無能な上司に管理されるのは、ほとほと疲れるぜ」
 ミスの報告のため、得意先へと謝罪に向かう道中、塾帰りの小学生とぶつかりそうになり「おい! 気をつけろよな」
 資料を作っているとき、急にシャットダウンしたパソコンに向かって「クソが! 使えないポンコツだな」
 彼女のスマートフォンに送られてきた、見知らぬ男からのメールに気づき「お前、浮気してるんだろ! だったら、とっとと別れてくれよ! そんな女と付き合ってたくないんだよ」

 思い返せば、僕の日常はネガティブな言葉で溢れていた。いや、それは僕だけに限ったことじゃないはずだ。誰かに感謝されるよりも、誰かをキズつけることのほうが多い。人間なんて所詮、そんな生き物だ。

 できるだけ多くの「ありがとう」を狙い、できるだけネガティブな発言には気をつけて生きる。それでもポイントは乱高下した。
 ちょっとした「ありがとう」をもらうために、それなりの労力を割いたときには、自然と愚痴がこぼれる。すると、せっかくのポイントが減算。仕事でイヤなことがあれば、酒を飲んで憂さ晴らし。翌朝、目覚めてみると、貯まったポイントが減るどころか、大幅なマイナスに。
 このままじゃ金を取られてしまう。焦りを感じ、また「ありがとう」を求めてさまよう。ポイントが減らないよう、口数はどんどん減っていく。
 そして、僕は部屋に閉じこもった。
 管理画面に表示された〝ありがとうポイント〟は、ゼロ。プラスでもマイナスでもない。何もない状態だ。もう、ポイントを増やすことにも、減るのに怯えることにも疲れた。誰とも会いたくないし、誰ともしゃべりたくない。ひとりぼっちで生きていたい。
 真っ暗な部屋のなか、ポイントのためだけに与えた薄っぺらい善意の数々が脳裏をよぎる。そして、ポイント減算の原因になった汚い言葉たちがブーメランのように攻め立てる。
「…………」
 僕は無言のまま、手にしたペットボトルを壁に投げつけた。負の感情を言葉に出すわけにはいかない。せっかくゼロになったポイントがまたマイナスになってしまう。
 と、その時だった。部屋に鳴り響くインターフォンの音。玄関へと足音を忍ばせ、ドアスコープを覗いてみると、そこには亜美が立っていた。彼女の姿を見るのは、もう何週間ぶりだろうか。
 思えば非の打ち所のない恋人だった。わがままな僕の性格を優しく受け止め、包み込んでくれた。勘違いから浮気を疑い、暴言を吐き続けた僕の愚行も飲み込んでくれた。
 そして、ポイントの亡者と化し、人との関わりを断絶した僕に、こうして会いにきてくれた。
「……久しぶり」
 ビクビクしながら、言葉を選ぶ。
 亜美は無言で立っている。
「……部屋、入らないの?」
 無言のままの彼女。
 マンションの下を走る車の音だけが虚しく響く。気まずい空気を切り裂くように、彼女が口を開いた。
「さすがに、わたしももう限界なんだ……」
「え?」
「ずっとずっと大好きだったよ」
「…………」
「今まで、ありがとう」
 そう言い残すと、亜美は僕に背を向け、去っていった。そして、彼女のいなくなった景色を、僕はただ見つめていた。
 静かにドアを閉め、真っ暗な部屋に戻る。
 転がったペットボトルをテーブルの上に置き、何気なくスマートフォンを手に取る。
 煌々(こうこう)と明かりを放つディスプレイ。見慣れた管理画面には、亜美から最後にもらった「ありがとう」のポイントが加算されていた。

GuX^ V[gV[giJ