家庭教師

僕がこんなにも立派な人間になれたのはママのおかげだ。

成績の悪い僕のためにと、家庭教師の先生をつけてくれた。

最初は週二回だった授業も、

ママの配慮で回数が増えていき、

最終的には週七回に。

おかげで成績はグングン伸びていった。

気がかりなのは、あの時期に我が家からパパがいなくなったことだ。

GuX^ V[gV[giJ