家族会議

「みんなに集まってもらったのは他でもない。我が家にとって重要な話があってだな――」
 武雄が仰々しく話しはじめた。妻の美穂、大学受験を控える長男の翔太、高校に入り少し素行が悪くなった長女の亜美。緊張した面持ちで話す父の様子に、不安の色を浮かべている。
「驚かないでほしい。いや、驚くのも無理はないか。まぁ、それでも冷静に――」
「何だよ?」翔太がしびれを切らす。
「端的に言うとだな」
「どうしたの?」美穂が焦る。
「この家族のなかに――宇宙人がいる」
「はぁ? パパ、頭でもおかしくなったんじゃないの? 今日、友達と約束があるから、そんなバカみたいな話なら、もう行ってもいいかな」と亜美。
「いや、真面目に聞いて欲しいんだ」
「真面目になんか聞けるかよ。亜美の言うとおり、時間の無駄。だいたい、どうやって宇宙人がいるって分かるのさ?」
「アプリだ」
「アプリ?」どこか好戦的に聞き返す面々。
「このアプリは、人間と宇宙人とを見分ける機能を持ったアプリなんだ」
 武雄はスマートフォンを取り出し、テーブルの上に置いた。全員がそれを覗き込む。
「ちなみに父さんは、既にこのアプリを使い、家族のうちの誰が宇宙人なのかを知っている」
「冗談言わないでよ。そんなオモチャみたいなアプリで、何が宇宙人よ」美穂が鼻で笑う。
「じゃあ、実際にやってみようか」
 家族がどれだけ野次を飛ばしても微動だにしない武雄の態度。それぞれの表情に浮かんだ嘲笑の色が、徐々に消えていった。
「スマートフォンを額にかざすと、画面の色が変わる。人間なら青色に。もしも宇宙人なら赤色に変わる」
「まずは父さんからやってみろよ」と翔太。
 もちろん、と武雄は頷き、自らの額にスマートフォンを近づけた。すると画面が青色に変わった。
「ご覧のとおり、俺は人間だ」
「バカみたい」亜美は貧乏ゆすり。
「バカにするなら次はお前だ。亜美、前髪をかき上げてみなさい」
 渋々それに従った亜美の額に近づけられたスマートフォンの画面は青色。亜美は父を小馬鹿にする。
 それを見た翔太はスマートフォンを奪い取り、そそくさと自らの額に寄せる。結果は青色。
「なんだこれ? こんなの、コンパのネタにすら使えないぜ」
「バカにするのはまだ早い」
 そう凄むと、武雄は妻である美穂にスマートフォンを手渡した。
「さぁ」
 犯人を追い詰める探偵のように妻の肩を叩く。
「こんな気味の悪いアプリ、使いたくないわ」
「なんだ? 人間である証明ができないのか?」
 武雄はさらに凄みながら手を伸ばし、美穂の前髪をかき上げる。拒む妻を許すまいと、強引にスマートフォンを額に近づけた。
「うそだ?」翔太と亜美が声をそろえる。
 スマートフォンの画面が赤色に染まった。
「こんなこと言いたくないが……美穂よ、お前は宇宙人だったんだな」
「そんなわけないじゃない」
 声を上ずらせる美穂。子供たちも疑いの目で母を見つめる。
「これはアメリカ航空宇宙局監修のもと作られたアプリ。残念ながらエンタメの類じゃないんだ。なぁ美穂よ、何が目的で人間に成りすましているんだ?」
 自らの妻、いや、人間界に潜り込んだ宇宙人に対し、人間代表と言わんばかりの迫力で詰め寄る。美穂はうつむき黙っている。
「ちょっと待てよ! おかしくないか?」翔太が父を制した。
「なにがおかしい?」
「だって、仮に母さんが宇宙人だとしたら、母さんから生まれた俺も亜美も、どっちも宇宙人の血なのかDNAなのか、何かしらが入ってるってことだろ? だったらそのアプリが反応しないのはおかしい! やっぱりそのアプリはまがい物だぜ!」
 勝ち誇った表情の翔太。「ぐっ」武雄は思わず声を漏らす。
 リビングに沈黙が流れた。それを引き裂くように、思案を続けていた武雄が口を突く。
「――だったら、お前たち三人そろって宇宙人ってことだな。俺をハメやがって!」
 大声で叫び散らす夫をなだめる美穂。「俺に触るな! 薄気味悪い宇宙人が!」
 正気を失った夫を憐れむように見つめながら、唐突に美穂がつぶやいた。
「実は私も、みんなに言わなきゃならないことがあるの……」
 口ごもる妻の様子から、武雄はただならぬ空気を感じ取った。
「ウチの子供のなかには、別の男との間に生まれた子がいるの」
「はぁ!?」全員が声をそろえる。
「意味がわからん! 俺以外にも男がいたってことか? じゃあ、翔太か亜美のどちらかは、その男の子供ってことか?」
「今さらそんなこと言われたって、納得できるわけないだろ!」
「ヤバい、吐き気がしてきた」
 それぞれが美穂に言葉を投げつける。
「それだけじゃないの――」美穂は続ける。
「まだあるのか?!」武雄は発狂寸前。
「その人との関係はまだ終わってなくて――」
「なんだと!」
「その人との間にできた新しい命が、今このお腹のなかに――」
「もういい! もういい! もういい!」
 武雄は頭を掻きむしりながら叫んだ。そのまま地面に倒れ込み、手足をジタバタ。悲鳴にも似た奇声をあげる。やがて、武雄の体から透明な液体が流れはじめた。その液体は、武雄の体を溶かすように湧き出し、フローリングの上に水たまりを作ったかと思うと、武雄はスライム状のひとつの固まりと化した。
 それを見ていた美穂、翔太、亜美の体からも液体が湧き出しはじめ、それぞれが武雄と同じようにスライム状の物質になってしまった。

「今回は、君の負けだね」
「あぁ。宇宙人を疑うところまでは上手くいったと思ったんだが、まさか不貞行為をカミングアウトされ、そのまま一直線に攻め立てられるとは」
「見事な波状攻撃だ!」
「それにしても、人間に成りきって心理ゲームを楽しむのは、実に愉快だなぁ」
「そうだな。人間ってやつは、繊細な生き物だから、策略を練るのがおもしろい」
「悩み、不安、自意識、コンプレックス。切り口はいくらでもあるからな」
「生きづらい生き物だろうな」
「もっと楽に生きればいいものを」
「まぁ、我々にエンターテイメントを提供してくれていると思えば、貴重な生き物だけどな」
「そりゃそうだ」
 四つの地球外生命体はケラケラと笑いながら、二回戦の役作りをはじめた。次のゲームは、職場の人間関係をテーマに行われるらしい。

GuX^ V[gV[giJ