鶴橋物語

「あんたは正直イイ奴やで」

「自分ではまだ気づいてないかも知れんけど」

「俺はホンマにエエ奴やって思ってる」

「最高のヤツやって思ってる」

「そう、食べ物に例えるとすれば」

「焼肉に例えるなら」

「ユッケみたいなヤツやな」

「だって、キライな人はめっちゃキライやけど、好きなヤツはめっちゃスキ」

「これってなかなか貰われへん称号やで」

「だって、ユッケやねんから」

「もしかして、あんたユッケ嫌いやろ?」

「しかも、食わず嫌いみたいなトコあるやろ?」

「あんたと一緒」

「自分のコトあんまり知らんくせに」

「ココロの中でキライになってみたりしてるだけ」

「そうやって自分のコト嫌いになっててもイイで、別に」

「ほんで美味しいモン逃していったらイイやんか!」

「でも、俺は違う」

「あんたのコト好きやし、ユッケもめっちゃ好き」

「あんたはユッケ嫌いでも、俺はユッケ好き」

「あんたが自分のコト嫌いでも、俺はあんたが好き」

「ユッケ食べてみーとは言わんから、自分のコトは好きになってあげましょう」

「あんたが可愛そうやからそんなん言ってんのとちゃうで!」

「あんたが自惚れてニヤニヤしてんの見たいだけ」

「俺はいっつも自分に自惚れてニヤニヤしてるから、あんたと一緒にニヤニヤしてみたいと思っただけ」

「ユッケ食べながら一緒にニヤニヤすんのも悪くないかも」

「でも、あんたユッケ食われへんねんな」

「自分のコト嫌いって思ってるヤツがユッケ食えるわけあらへん」

「ただ、俺のコト見てユッケ美味そうと思ってくれればそれでイイ」

「ちょっとでもユッケ美味そうと思ってくれるだけで、イイ」

「食うも食わんも、あんた次第」

「ただ、俺は食う」

「だって、好きやから」

「いっぺん食べてみよか?」

「そろそろな?」

「じゃあ、注文だけしといたげる」

「早く食べてみーや」

「そんな、テッチャンばっかり食べてんとな!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>