寿司

寡黙に寿司を握る大将。

感情を表に出すこともなく、寿司を握る。

客に満足してもらうため。

ひたすらに握る。

今日も営業時間が終わり、暖簾をしまう。

しばらくすると、黒服の男が店に入ってきた。

「今月分の金を貰おうか」

大将はヘコヘコしながら金を差し出す。

どうやら、男に弱みを握られているようだ。

GuX^ V[gV[giJ