「これだからイヤなのよ」

乱雑な線を見て、女はため息をつく。

キレイ好きの女としては、スッキリしない線たちが許せない。

どうやってまとめようかしら?

あれこれと工夫をし、ようやく線がまとまった。

手のひらを眺める。

生命線、運命線、感情線、知能線。

そこには、1本にまとめられた線が走っていた。

GuX^ V[gV[giJ