オンラインパーティー

「うわぁ。やっぱり利用者が多いんだなぁ」
 未曾有の感染症が世界を襲った。ワクチンは開発されたものの、変異するタイプのウイルスのため、人類はウイルスと付き合って生きていくことを余儀なくされた。それによって、生活スタイルも文化も大きく変わった。そう。異性との出会い方も。
 彼女や彼氏のいない人にとって、出会いの場は貴重だ。以前は合コンと称し、複数の男女が出会いを期待し集っていたが、今は違う。感染症のせいで壊滅した飲食業界。今じゃ外食する機会は滅多にない。だから、合コンも開けない。出会いの場がないってことだ。
 そんな状況を打開すべく生まれたのが〈オンラインパーティー〉。
 目的は男女の出会い。合コンとは違い、オンライン上で開催される。出会いを求める男女がランダムに集められ、オンラインでつながる。パソコンの画面上に、いくつもの男女の顔が並び、会話を楽しむ。それぞれに酒などを準備し、大勢で盛り上がる。
「池本裕也、28歳。印刷会社の営業マンやってます」
 順番に回ってくる自己紹介を済ませたあとは、ほとんど口を開くことがなくなってしまった。はじめて参加する緊張感はもちろんあるが、そもそも大勢でひとつの会話を共有するのって、無理なんじゃね? 心の中でそう愚痴ったときだった。
『個別ルームに行きませんか?』
 テキストのメッセージが飛び込んできた。それは、大勢いる女の子の中でも、特にタイプだと感じていた子からのものだった。
『ぜひ!』
 僕は個別ルームへと移動した。
 オンラインパーティーでは、開始早々こそ大勢で会話を共有するが、気に入った相手がいれば個別ルームへと移動し、参加者たちとは隔離されたスペースで会話することができる。二人きりになる男女もいれば、本来の合コンのように、男女の人数を合わせ、グループで楽しむ人たちもいる。
 今回はどうやら、彼女と二人きりになれるみたいだ。
「清水加奈子って言います」彼女が名乗る。
「加奈子サン……よろしくお願いします!」
 正直、めちゃくちゃかわいい。ビギナーズラックというやつだろうか。こんなにもタイプの子と個別ルームに行けるなんて。
 緊張から会話に多少の沈黙はあったものの、彼女の明るい性格に引っ張られるように、徐々にリラックスした空気が流れていった。

「へぇ。買い物が好きなんだ。普段から、服とかたくさん買うの?」
 お互いの趣味の話になった。
 ふと、モニタに目をやると、彼女からウェブサイトのURLが送られてきた。クリックしてみると、オンラインショップが表示され、そこでは高そうなバッグが販売されていた。
「オシャレなバッグだね! 加奈子サンにピッタリだと思うよ!」
 気に入られたくて、声を張り上げる。彼女も嬉しそうだ。しかし、急に彼女は黙ってしまった。
「どうしたの……?」
 モジモジした彼女。何か言いたそうだ。
「あっ!」
 僕は気づいた。彼女がこのURLを送ってきた理由。きっとこのバッグをプレゼントして欲しいんだ。女性経験の少ない自分の鈍感さが恥ずかしくなった。
 でも――まだオンラインで出会ったばかりの女性にこんな高級なバッグを? 戸惑いはしたが、彼女を喜ばせたい気持ちが一人歩きし、気づけば購入ボタンをクリックしていた。
「ありがとう!」
 予想以上に彼女は喜んでくれた。オンラインパーティーって、最高じゃないか! 彼女との会話を終えるのがどれほど寂しかったか。ただ、次もオンラインで会う約束ができた。興奮さめやらぬまま、その日は眠りについた。

「脱毛サロンに通うの?」
「うん。まだ通ってないんだけど。気になるサロンがあってね」
 彼女から、またしてもURLが送られてきた。予想はしていたものの、クリックしてみると、高級脱毛サロンのウェブサイトが表示された。
 お決まりのパターンだ。きっと彼女は黙りはじめる。そして、モジモジしながら、僕が彼女にプレゼントするのを待つんだ。
「わかった! 加奈子サンにはキレイでいて欲しいから、脱毛サロンのコースをプレゼントするよ!」
 またしても決済ボタンをクリックする。
 オンラインで会う度に、彼女からプレゼントをねだられた。金品目的なんじゃないかと疑ってはみたが、彼女との会話は楽しかったし、二人の距離も縮まっている気はしている。ましてや、彼女と会えなくなるなんて、考えたくもなかった。
 プレゼントを贈るだけの日々を卒業するために、勇気を振り絞って提案してみた。
「近いうち、どこかで会わない?」
 その提案は見事に却下された。
 仕事が忙しく、時間が作れないらしい。まぁ、そう焦るまい。呟きながら、自分を慰(なぐさ)めた。

『心当たりがある人は注意を!』
 そのニュースを見て驚愕した。
 どうやら、オンラインパーティーには、高額なプレゼントを誘引するサクラが混じっているらしい。しかも、そのサクラは人工知能を持つAI。映像も音声も、セリフすらも捏造。つまりは、この世に実在しない人物ということだ。
 心当たりがある人は注意を? ふざけるな。心当たりしかないよ。
 一縷(いちる)の望みを託し、僕は彼女に尋ねてみた。加奈子サンってもしかして――その瞬間、二人のルームは閉鎖され、二度とアクセスできなくなってしまった。
「クソッ! 完全に騙(だま)された! 生身の人間にならまだしも、AIに騙されるなんて!」
 これまで彼女に使った金額を脳内で計算してみる。上司や得意先から怒鳴られながらも、頑張って働いて貯めた金。それを思うと泣けてきた。重く長いため息をつきながら、パソコンの電源をオフにした。

 あれから数ヶ月が経ったある日。得意先からの帰り道で信号待ちをしていると、僕のすぐ隣に見覚えのある女性が立っていた。
「えっ?」
 それは、紛れもなく加奈子サンだった。
 でも、彼女はAIのはず。この世にはいない――でも、見間違うわけがない。だって、僕がプレゼントしたバッグを提げている。それが何よりの証拠だ。
 声をかけようか散々悩んだ末、悲しき出費の恨みが僕を突き動かした。
「あのぅ……清水サン、清水加奈子サン、ですよね?」
 後ろめたさから逃げ出したり、悲鳴をあげたりするんじゃないかと心配したが、予想を裏切るように「あっ、裕也サン! 久しぶり!」と、彼女は笑った。
 その笑顔はあの時と変わらず、僕の心と体を一瞬にして虜(とりこ)にした。
「久しぶり!」、その瞬間、彼女から受けた仕打ちを許してしまった自分に気づいた。

 その日、僕は彼女とデートをした。
 デート?
 ウィンドウショッピングと思いきや、彼女にねだられ、高級なコートやら靴やらを買ってしまった。彼女に腕組みなんかされたら、誰だって同じことをしていただろう。
 もっと一緒にいたいという願望が見透かされてか、彼女の提案でレストランに。
 ただのレストラン? まさか。彼女が希望した、巷(ちまた)でも有名なMという名の高級レストランだ。
 気づけば財布の中身は空っぽ。クレジットカードを振り回す始末。
 肩を落としながら、帰りの電車に揺られていると、ふと、スマートフォンの画面に映ったニュース記事が目にとまった。
『オンラインパーティーの詐欺グループはAIロボットも駆使し、その後も犯行を続け、オフラインでも被害が続出――』
 ロボット?
 そうか、彼女はロボットだったのか。またしても一杯食わされた。どうせなら幻想のままいて欲しかった。モテない男の弱みにつけ込むなんて……。
 飲み慣れないワインの酸味だけが、口内に残った。

 ウチの部署に新人の女子が入ってきた。快活な性格の子で営業向き。見た目もかわいく、社内の評判もよかった。
 先輩として営業同行を続けていくうちに、彼女との距離も縮まってきた。
「先輩! 今回の案件でわたし、めっちゃ頑張ったでしょ?」
「うん、よくやったと思うよ」
「ご褒美くださいよ!」
「仕方ないなぁ」
 かわいい後輩のため。メシでも奢(おご)ってやろう。助手席に座る彼女に尋ねる。
「何か食べたいものでもある?」
「わたし、行ってみたいお店があるんですよ」
「どこ?」
「Mってレストラン、知ってます?」
 ハンドルを持つ手に汗がにじむ。思わず僕は口にしていた。
「君って、AIロボットじゃないよね?」

GuX^ V[gV[giJ