気ままな旅

「おひとり様でしょうか?」

「はい……まだ席はあいてますか?」

「お席はいくらでもご用意できますので」

男は胸を撫でおろす。

「帰りの便は――」

「お戻りになりたい時が帰りの便でございます」

解き放たれるように、男は飛行機に乗り込む。

「ようこそ、現実逃避航空へ。気ままな旅をお楽しみください」

GuX^ V[gV[giJ