キズ

成長にはキズがつきものだ。

物心がつき青春を迎える。

それにつれ、キズはどんどん増える。

しかし、やがてキズはつかなくなるもんだ。

それはそれで実に寂しい。

さらに年を重ねれば、キズを眺め、思い出に耽ったりもする。

常に成長を見守ってきた。

我が家の柱。

次は、生まれくる子供のキズを待っている。

GuX^ V[gV[giJ