ストーカー

「ストーカーの被害に悩まされてまして……」
 5人組アイドルグループのセンターとして活躍する菜子(なこ)は、二人の警察官を前に、悲痛な面持ちで訴えた。
 マンションのエントランスに設置されたポストの中身が荒らされていることは日常茶飯事。郵便物が開封されていることもあった。
 ごみ置き場では、菜子が捨てたゴミ袋が破られ、使用済のティッシュや食べたあとの弁当箱、割り箸などがすべて盗まれていた。
 盗聴器が設置されているのではないかという不安。盗撮されているのではないかという恐怖。つきまとわれている気配も感じるし、関係者のなかに犯人がいるのではと疑心(ぎしん)暗鬼(あんき)に。今ではすっかり心身のバランスを崩してしまった。
「では、できる限りの警備をさせてもらいますので」
 警察は淡泊(たんぱく)に言い残した。できれば直ちに犯人探しを始めてもらいたい。すぐにでも逮捕して欲しい。そんな期待を込めて相談しただけに、警察の言葉は少し頼りなかった。

「あれからどう? 例のストーカー」メンバーの萌(もえ)夏(か)が心配そうに尋ねる。
「何も変わらないよ……」
「警察に相談したのに?」
「うん」
 レコーディングスタジオの休憩スペースで、菜子は暗い表情。ステージ上での明るい振る舞いとは裏腹に、プライベートでは明るさを失っていった。
「事件にでもならない限り、警察も本気で動いてくれないんだよ、きっと」
「何かあってからじゃ遅いじゃん!」萌夏は声を荒げる。
「わたしに言わないでよ……」
「そうだね、ごめん」
 レコーディングを無事に済ませ帰宅する。荒れ果てたポストの中身も、もう見慣れた。いつもここで大きくため息。それももう慣れた。
 玄関に入ると、固くドアを施錠した。疲れた身体をソファに投げ出し、目尻からこぼれる涙をティッシュで拭う。それをゴミ箱に捨てることなく、カバンに詰め込む。自宅以外の場所で捨てるためだ。
 潤んだ目で部屋を見渡す。
 壁掛けのラックには自分たちがリリースしたCDが並んでいる。音楽賞を受賞したときにもらったトロフィーや盾も飾ってある。そして、ファンからもらったプレゼントもたくさん。
 みんなに元気を与える立場の自分が、こんなにも絶望してちゃダメだ。菜子は沈んだ気持ちを奮い立たせた。
「わたしが動かなきゃ、何も変わらない」
 ライブパフォーマンスのときのように凛(りん)とした表情に切り替えると、菜子はソファから腰を上げた。

「え? 足あと?!」
 ストーカーはやはり菜子の玄関の前まで足を運んでいる。その証拠に、玄関の前にうっすらと足あとが残っていた。
 スポーツシューズの足あと。菜子が履くタイプの靴じゃない。足あとのサイズからして男のものだ。
 菜子は他の人気アイドルグループ同様、恋愛禁止を課せられていた。幼い頃からの夢だったアイドルになれた誇らしさから、そのルールを忠実に守っていた。だから、異性がこのマンションを訪れることなんて絶対にない。
 足あとを追うようにエレベーターホールへ。そこにもかすかに足あとが。ポストの前やゴミ置き場にも足あとは残されていた。
 そういえば昨日は雨だった。犯人の靴底には濡れた泥が不着していたはず。だからこうして足あとが残ってるんだ。証拠の足あとをまじまじと見つめていると、犯人がすぐそばにいる気がして胸が苦しくなった。
「もしかして……」
 慌てて玄関前まで戻り、恐る恐るドアノブに手を伸ばした。目をつむり、ドアを開ける。足元に視線を落とした菜子は思わず悲鳴をあげた。
 嫌な予感は的中。菜子の靴が並ぶ三和土(たたき)にも、その足あとはあった。やはり犯人は部屋の中まで入っていたことになる。菜子は絶望し、その場に立ち尽くした。

「なるほど、わかりました。もう少し警備を強化しますので」
 足あとという証拠を提示したことで、警察はようやく本気になってくれたようだ。マンションの外はもちろんのこと、玄関前も定期的に巡回してくれるようになった。
 それから数週間が経ったある日。
「え? 自殺?」
 足あとの証拠をはじめ、周囲の聞き込みなどから、警察は被疑者を特定。現行犯で取り押さえる機会を伺っていたところ、犯人が自らの命を絶ったことが判明したという。
「被疑者はこの男です」
「うそ……」
 菜子は言葉を失った。
 そこには、デビュー前の下積み時代から応援してくれていた、熱狂的なファンの男が映っていた。
 ライブ会場では常に最前列。その姿を見ない日はなかった。地方のライブにも足を運んでくれるほど、グループのことを応援してくれていた。特に菜子のことを。
 応援してくれるのはありがたいことだ。でも、気持ちが行き過ぎてしまい、結果的にストーカー行為に走ってしまうようなら、それはファンとしてルール違反だ。複雑な心境になり、菜子はただ黙るしかなかった。
「とりあえず、ストーカーの被害は収まるでしょう。あと数日間、警備は続けますので、何もなければ警備は解除します」
 黙ったまま、菜子は小さく頷いた。

 被疑者が亡くなったことで収まるかと思われたストーカー被害は、予想を裏切るように、尚も菜子を悩ませ続けた。
 被害の状況は一切変わらない。むしろエスカレートしている。部屋のものが勝手に動いていたり、常に部屋の中に誰かがいて、見つめられている気配もした。
 ドアがひとりでに開くことも、時折、男の声がすることも。すべての現象は菜子の心を打ち砕き、ついにはアイドル活動を休業せざるをえなくなった。
 証拠もないため、警察はもう動いてはくれない。すがる思いで菜子は、インターネットで見つけた霊媒師に相談した。
「ちょっと部屋を見させてもらうね」
「はい」
 訪れた霊媒師の女性は、念(ねん)珠(じゅ)を手に、部屋に漂う気配を感じ取りはじめた。
「うんうん。残念ながら、いるわ。男性の霊が。愛おしそうにあなたのことをずっと見つめてる」
「やっぱり……」
「除霊しようか?」
 客席がガラガラのライブでも、いつも応援してくれていた男のことを思い浮かべ、胸が痛んだ。アイドルはファンあってのもの。ファンは何より大切にしなきゃダメだ。でも……。
「お願いします」
 菜子は祈るように手を合わせた。
 同情したように霊媒師は言う。
「お化けになられちゃ、足あとは残らないもんねぇ」

GuX^ V[gV[giJ