こんなわたしから、あなたへ

 そろそろ体力の限界かな。

 この仕事から身を退(ひ)くことを考えはじめたのは数年前。思うように身体が動かなくなっている自分に気づいたからだ。

 素性を明かせないこの仕事。誰にも顔を見せてはならないし、誰かに知られることも許されない。

 ふふ。そう聞くと、極秘プロジェクトみたい。でも、この仕事に誇りを持っている。今日も無事に仕事を終え、わたしは本来のわたしに戻る。

 人の群れをかき分けゲートを出た。誰もこのわたしに気づかない。

 車のシートにドサッと身体をあずける。ドアを閉めると、一瞬にして外界から遮断された気になる。

 かすかに聞こえる賑わう声。それに別れを告げるように、アクセルをグッと踏み込んだ。

「違うじゃない! もうちょっと俊敏に動かないと。イメージトレーニングが足りてない証拠だよ?」つい熱が入る。

「すみません!」

 彼女は気迫のこもった声で謝ると、同じ動きを何度も繰り返し、首をひねってはまた繰り返す。

 なかなか、やるじゃない。

 わたしがこの役目を下りようと思った理由のひとつに、祥子(しょうこ)の存在がある。

 自分を捨てて何者かになろうと志(こころざ)す志願者。つまりは、新人。ここ数年、わたしは彼女の仕事っぷりを厳しく見守ってきた。

 悪くない。悪くないけど、決していいわけでもない。評価が辛口すぎる? そんなことない。この世界はそんなに甘いもんじゃないから。でも……。

 その夜、わたしは祥子を別室に呼び出した。

「どうしました?」

「今までついてきてくれてありがとう。厳しいトレーニングにも耐えて、よく頑張ったね」

「え?」

「どうぞ」

 わたしは彼女に手渡した。このわたしのすべてを。

「わたしからあなたへ、この着ぐるみをバトンタッチ」

「え?」

 彼女は急な展開に戸惑っているようだ。

「今日からあなたが主役。あなたが、ラブリーエンジェルよ」

 客席側からステージを眺めたのは何年ぶりだろう。自分がステージに立っていると、すごく広く感じるのに、ここからだととても狭く見える。

 田舎の寂れたテーマパーク。その片隅に設置されたこのステージ。少子化で子供の数が減ったとはいえ、いつでも客席は賑わっている。ありがたいことだ。

 ラブリーエンジェルが待ちきれず叫ぶ子供たち。落ち着かない我が子を叱りつける親たち。いつもはステージ袖(そで)で耳にしていた声が、いまはすぐ隣に。なんだか新鮮だなぁ。

 ショーがはじまると、子供たちは一斉に立ち上がる。悪党がステージを埋めるなか、カラフルな着ぐるみで登場するのは、悪の手から地球の平和を守るラブリーエンジェル。子供たちの応援にも熱がこもる。

 祥子の動きを親心で見守っていると、客席の声がふと気になった。

「なんだかいつもと違う気がするなぁ」

 それは子供の声だった。

 子供は敏感で正直だ。何度もショーを観にきてくれる子供たちは、ラブリーエンジェルの動き、いや、わたしの動きを知り尽くしている。だから、バレてしまうんだ。

 祥子への心配が募(つの)る。

 彼女の動きは練習どおりだ。今のところミスもない。主役としての初舞台だからって、萎縮しているわけでもない。それなのに――。

 そして、決定的な瞬間が訪れた。

 まだ悪党のアクターと息が合っていないためか、祥子は格闘シーンでパンチを避(よ)けきれず、態勢を崩したまま、不格好にもステージから足を踏み外してしまった。

 気づけばわたしは笑みをこぼしていた。

 子供のようにショーを楽しんでいるわけじゃない。祥子の成長を喜んでいるわけでもない。その逆だ。

 彼女のミスを見て、思わず笑みがこぼれてしまったのだ。

 ふふ。真のラブリーエンジェルは、このわたし。わたし以外、誰もなり得ない。子供たちに言ってあげたい。君たちの憧れるヒロインはすぐ隣にいるよ、って。

 実は祥子を見守る目に、親心なんて微塵(みじん)も宿っていなかった。彼女の失態を見て、勝ち誇った気でいる。わたしはそこまで大人じゃなかったんだ。ずっとずっと地球を守り続けてきたのは、わたしじゃなくて、ラブリーエンジェル。

 ごめんなさいね。会場で一番の子供は、どうやらわたしだったみたい。

 笑みを浮かべたまま、わたしはステージに背を向け、客席から立ち去った。

 いつもとは違う気分で人の群れをかき分ける。出口ゲートの手前にあるグッズショップを抜けようとしたとき、「今日のラブリーエンジェルのステージ、楽しみだな!」子供の声が聞こえた。午後からのショーを楽しみに来場した女の子のようだ。

 改めて思う。こんなにも子供の目を輝かせるラブリーエンジェルの存在って、すごいな。

 この子の無垢(むく)な期待を思えば、自分の幼い承認欲求が恥ずかしくなってきた。

「祥子、頑張ってね」

 小さくつぶやく。これは本音。でも――。

「ねぇ」

 気づけばわたしは、その子に優しく声をかけていた。そして、身体が勝手に動く。ラブリーエンジェルの振り付け。周囲は呆気に取られた様子でわたしを眺めている。

 素性を明かしてはならないわたし。でも、最後にすべてを出し切りたかった。ラブリーエンジェルはここにいるよ。わたしはここにいるよ、って。

「わぁ! すごーい! ラブリーエンジェルみたい!」

 彼女ははじける笑顔で喜んでくれた。なんだか胸がスッキリした。

「ありがとうッ!」彼女は言う。

「いえいえ、どういたしまして」

「お礼に――」

 彼女は自分のカバンにつけていたキーホルダーを外して、わたしに手渡した。ラブリーエンジェルのグッズだ。

「はい! お礼にわたしから、おばちゃんにプレゼントッ!」

 おばちゃん? そっか……わたしはラブリーエンジェルでも何でもなく、ただのおばちゃんなんだな。

 少女の頭を撫でてやり、ラブリーエンジェルのキーホルダーを握りしめたまま、パークをあとにした。

 質素な夕食をつついていると、彼が声をかけてきた。同棲してもう何年も経つ恋人だ。

「なぁ」

「ん?」

 これまた質素な掛け合いのあとに彼が手渡してきたのは、キラキラと輝く指輪だった。

「結婚しよう」

「え?」

「君の仕事もひと段落したんだし、これを機に、結婚しよう」

 そうか。彼は待ってくれていたんだ。わたしがわたしに戻る瞬間を。彼の優しさに助けられた日々を思うと、なんだか泣けてきた。

 わたし、子供だよ。全然、しっかりしてないよ。それでもいいの? わたしからあなたに、してあげられることなんて、何もないかもしれないよ。

「こんなわたしで、いいの?」

 弱気なセリフが口をつく。そんなわたしを、彼は強く抱きしめてくれた。

「元ラブリーエンジェルと結婚できるなんて光栄だよ。これまでは地球の平和を守ってきたんだろ? じゃあ、これからは俺のことを守ってくれよな」

 彼の気の利いたセリフにわたしは笑う。笑った拍子に態勢を崩し、彼に押されるように倒れ込む。まるでステージから落っこちるようにして。

 彼はわたしを抱きしめたまま、その手を背中にまわし、ブラウスの背中ファスナーに指をやる。背中ファスナー? そうだ、もう着ぐるみのファスナーじゃない。

 ラブリーエンジェルのファスナーを下ろせば、中からはわたしが現れたけど、ブラウスのファスナーを下ろせば、生まれたまんまのわたしが登場しちゃうよ。  そんなことを考えながら、わたしは唇を重ね合わせた。

GuX^ V[gV[giJ