目を覚ませ

「おい! 目を覚ませよ!」

全身を震わせて叫ぶ。しかし、反応はない。

「おい! いつもみたいに歯向かってこいよ!」

普段なら叫ぶ俺に抵抗してきた。

何度も叫ぶ俺を、拳で殴ることすらあった。

そんなお前と向き合ってきたんだ。

「おい!」

お前が死んだら、誰が俺を止めてくれるんだ。

目覚まし時計の俺を。

GuX^ V[gV[giJ