髪の長い女

「バックミラーを見ると、後部座席に髪の長い女が座ってましてねぇ」

タクシーの運転手は声を潜めて語る。

「気づくとなぜか、墓地の前に車をつけてまして――

その女は、車を降りて墓の方へ歩いて行ったんですよ」

想像すると背筋が凍った。

「車を降りて女をとっ捕まえてやりましたよ。無賃乗車だ! って」

GuX^ V[gV[giJ