不死身

「次の方、どうぞ」

 女は診察室から呼びかけた。

 健康診断にきた患者の医師診察。ここには、健康状態をチェックしたい人たちが訪れる。別に重症患者を診るわけじゃない。だから、心臓や肺の聴診や、腹部の触診で異常が見つかるケースなど、ほとんどない。

 しかし女には、それを仕事にする理由があった。

 多くの女性が羨むほど、女は恵まれた容姿を持っていた。診察室に入ってきた男性患者が一瞬、ニヤッとすることもある。女性患者の場合は、自身のたるんだボディラインを見られることに、難色を示すことも。

 でも、女にとってそんなことはどうでもよかった。誰に何を思われようが構わなかった。どうしても果たしたい目的があるからだ。

 何年続けてきただろう。長い間、待った。島崎という名の患者が聴打診のために、服の裾をまくり上げた瞬間、女は興奮を抑えながらも、言葉を漏らした。

「ついに見つけた」

「え?」

 島崎は目を丸くしている。

 その腹には大きなキズがあった。これは手術でついた痕(あと)じゃない。争いによってつけられたものだ。

 女はやがて来るこの日のためにと、机の引き出しに忍ばせておいたナイフを取り出した。

 そう。女がこの仕事を始めた理由。

「死んでもらう」

 手にしたナイフを島崎の腹に突き刺す。島崎は呆気に取られ、凶器がめり込んだ自分の腹に視線を落とす。

 女は容赦しなかった。ナイフを腹から抜き取ると、再び突き刺した。そして、腹の肉をえぐるように、何度も手首をひねった。

 島崎の顔面が真っ青になる。

「ようやく父の仇(かたき)が討(う)てた」

 女は父と二人で暮らしていた。母は彼女を出産した数年後、病に倒れ、帰らぬ人となってしまったからだ。

 父と子の平穏な日々は、予告なく打ち砕かれる。ある夜、強盗が家に侵入した。まだ幼い彼女が眠る寝室の窓から侵入してきたため、それに気づいた彼女は悲鳴をあげた。強盗は憤(いきどお)り、彼女を殺そうとした。そこに父が飛び込んできた。

 父と強盗はもみ合いながら、互いが手にしたナイフで相手を仕留めようとした。

 強盗のナイフは父の首に。父のナイフは強盗の腹を切り裂いた。父のナイフは海外製の特殊なものだったので、その傷跡は独特なものだったに違いない。幼いながら、彼女はそう確信していた。それが島崎の腹にあったキズだ。

「ふふ。地獄に堕ちろ」

 女は倒れ込む島崎に吐き捨てた。

「次の方、どうぞ」

 診察室から女医の呼ぶ声がした。島崎は待合室の椅子から腰をあげ、診察室へと入る。――美しい女医だな。島崎は思わず二度見した。

 心臓と肺の聴打診のために、服の裾をまくり上げた瞬間、女医が何かを呟いた。

 島崎はうまく聞き取れず、それを聞き返す。腹のキズを一瞥(いちべつ)した女医は、咄嗟(とっさ)に机の引き出しに手を伸ばすと、中からナイフを取り出した。

――なるほど。依頼主はこれを望んでいたのか。この女医との間に何かがあったんだな。それで今日、俺に依頼してきたのか――島崎は冷静にナイフを見つめた。

 女医が手にした凶器は、迷うことなく島崎の腹に食い込んできた。明らかに怨念(おんねん)のこもったナイフ。そして、恨みを晴らすような女医の鋭い眼光。

 ナイフが突き刺さった腹に視線を落とす。女医の狂気は容赦なかった。何度も手首をひねり、腹の肉をえぐっていく。傷口から血が溢れ出し、二人の足元が赤く染まった。

「ふふ。地獄に堕ちろ」

 女医は倒れ込む島崎に吐き捨てた。

――依頼主はよっぽど彼女にひどいことをしたんだな。鬼のような形相をして……美しい顔が台無しだよ――島崎は、心の中で呟いた。

 島崎が運営するウェブサイトに依頼があったのは先月のこと。依頼主はどこで聞きつけたのか、島崎の腹に特殊なキズがあることを知っていた。そして、ある女医のいる病院で健康診断を受けるよう依頼してきた。

「健康診断と死に、どういう関係が?」島崎は尋ねる。

「その女医は俺の命を狙ってる。腹にキズを持つ俺のことを。そのために彼女は病院で医師診察を担当してるんだ。多くの患者の腹が見られるだろ? 俺を見つけだすために、そこで働いてるんだよ。だから、身代わりになって欲しい。アンタに死んでもらえれば、俺は彼女から命を狙われることもなくなる」

「なるほど。どういう事情があるのか知らないが、余計な詮索(せんさく)はやめておこう」

「よろしく頼むよ。謝礼はたっぷりするからさ。まぁ、ヨソ様の家から盗んだ金だけどな」

 依頼を受けた島崎は、健康診断の予約を取りつけ、病院へと向かった。

「ここか」

 さして大きくない病院。のちに起こる惨劇を想像すると、その庶民的な佇(たたず)まいに少し気が引けた。

 空を見上げる。何ひとつ悩みなどないような、澄んだ青い空。ここ最近、誰かの身代わりになって死ぬ機会が増えた。商売繁盛ってやつだ。

「みんな、いろんな事情を抱えて生きてるんだなぁ」しみじみと呟いた。

 島崎の前にある日、神が現れた。聞けば何でも願いを叶えてくれるという。特別な理由があって彼が選ばれたわけじゃない。神ほどの存在でも、時にそんな気まぐれを起こすそうだ。

 そして、島崎は不死身の身体を望んだ。その願いは叶えられ、死なない身体を手に入れた。

 人類として最も高貴な存在になった気がした。世界征服も夢じゃないとすら思った。しかし、不死身の身体というものは、意外と使い勝手が思いつかない。仮に核戦争が起き、人類が滅びたあとも、自分だけが生き残る。そんなことを想像していると、妙な孤独感に苛(さいな)まれ、不死身の身体を手に入れたことを後悔することもあった。

 そして考え抜いた末、死なない身体を利用してビジネスをすることにした。

 どうせなら、誰かの役に立ちたい。自分には何ができる? 他人の身代わりになって死ぬことならできる。どうせ死なないんだ。どうせ死ねないんだ。だったら――それが、島崎がこの仕事を始めた理由。皮肉にも世界征服どころか、人助けをすることになったわけだ。

「さぁ。今日も殺されてくるか」  そう言いながら、島崎は病院のエントランスへと足を踏み入れた。

GuX^ V[gV[giJ