願いをもうひとつだけ

 ひとりの青年が、神様のもとを訪れて言った。

「お願いです。僕の願いをひとつだけ叶えてください」

 神様は慈愛(じあい)を瞳に宿らせ、彼を見つめた。

 青年はまだ高校生。まだ見ぬ未来と可能性が溢れるはずの彼は、自らの命を絶った。死を選ぶしかないほどの、残酷なイジメが原因で。

「どんな願いを叶えて欲しいのですか?」

 天国という場所は、アニメによく出てくる、雲の上のようなところではなかった。乳白色の平坦なプレートが延々と続き、まるで海の向こうを臨むように、はるか先はぼんやりと霞(かす)んでいた。

 その世界は夜明けを思わせるほどに薄暗かったが、目の前に立つ神様だけが光を放ち、周囲を照らしていた。

「イジメたヤツらを殺(あや)めて欲しいのですか?」神様は言った。

「いいえ。違うのです」

「ほう? 意外ですね」

 イジメの主犯格は、同じクラスの男子。遠山という名の生徒だ。

 ヤツは素行の悪い不良というわけではなかった。資産家の息子。異性からも人気の整った容姿。勉強もできてスポーツも万能。そして、狡猾な性格から、人心(じんしん)掌握(しょうあく)に長けたタイプだった。

 遠山の標的がなぜ僕だったのかはわからない。ただ、ヤツはクラスのみんなが僕を遠ざけるよう、そして時にイジメに加担するよう仕向けた。だから僕は完全に孤立していた。

 誰も口をきいてくれない。目すら合わせてもらえない日々。私物が盗まれたり壊されたりすることは日常茶飯事。生きる辛さと死ぬ怖さを天秤にかければ、迷いもせず死を選んでしまえる精神状態が続いていた。

「クラスメイトだった女子の願いを叶えてあげたいのです」

「君の願いではなく、クラスメイトの女子の願いを?」

「はい」

 孤独な日々にも、かすかな光はあった。それは、神崎さんの存在だった。

 イジメに加担することを拒めば、次のターゲットが自分になるかもしれない。それに怯え、みんなは遠山に従うしかなかった。でも、神埼さんだけは違った。

 誰も見ていない場所では、イジメがなかった頃のように話しかけてくれた。筆記用具を壊されて、満足に授業を受けられない僕に、シャーペンや消しゴムを貸してくれたりもした。

 何より嬉しかったのは、会話の合間に笑顔を見せてくれたことだ。全てがモノクロに見える教室の中で、彼女だけが色を持っていた。

「清い願いですね。わかりました。彼女の願いを叶える権利を授けましょう」

 そして僕は、彼女の潜在意識へと話しかけた。相手が僕だと悟られないよう。神様の口調を真似るようにして。

「あなたの願いごとを、ひとつだけ叶えてあげましょう」

「誰?」

「私が誰なのかは気になさらないでください。ただ、あなたに感謝の気持ちを抱く者が、あなたの願いを叶えたがっている。さぁ、願いごとをおっしゃってください」

「感謝の気持ち?」

「詮索は無用です。私のことを信じ、願いごとを伝えてください。その願いはきっと叶えられることでしょう」

「では、願いをひとつだけ」

「どうぞ」

「わたしの恋を叶えて欲しいのです」

「好きな人がいるのですね」

「はい」

「もちろん。あなたが望むのなら」

「では、わたしの恋を叶えてくださいませ。同じクラスの遠山くんに恋するわたしの想いを」

 酷(ひど)く打ちひしがれた青年が、再び神様のもとを訪れて言った。

「彼女の願いを叶えるのは、やめにしました。ロクでもない願いだったからです」

 神様は彼に同情した。

 唯一の味方だと思っていた彼女が、まさかイジメの主犯格に恋心を抱いていたなんて。

 青年は神様に詰め寄り叫んだ。

「遠山を殺めてください。僕を自殺に追いやったヤツを、今すぐ殺めてください。あんな下等動物は生きていても意味がない。今すぐ世界から抹殺(まっさつ)すべきです。この願いはクラスみんなの願い。皆が皆、彼には消えて欲しいと願っているんです」

「彼女もそう願っているのですか?」

「えっ?」

「少なくとも、彼女は彼が消えることを望まないはず。あなたの願いを叶えてしまうことは、彼女の願いを葬(ほうむ)り去ってしまうことになる。それでもいいのですか?」

 青年は彼女の笑顔を思い返し、涙した。彼女の存在だけが生きる理由だった。そんな彼女の願いを奪い去ってもいいものか。

 自分はもう死んでいる。生きる人たちの邪魔をする資格などない。そう思うと、込み上げてくる嗚咽は、ますます大きくなった。

「わかりました」神様は、青年を慰(なぐさ)めるように言った。

「あなたの願いを叶えてあげることはできません。ただ、あなたが自ら願いを叶えられるよう、時間を戻して差し上げましょう。あなたは元の世界に戻り、その手であなたの願いを叶えなさい。たとえそれが、憎き存在を殺める行為であったとしても、目をつむりましょう」

 気づくと青年は自分の部屋にひとり。ロープを手に立っていた。天井に設置したフックに目をやると、自殺に踏み切った瞬間の記憶が蘇った。どうやら本当に時間が戻ったらしい。

 青年は「よし」と呟き、ロープをベッドの上に放り投げた。

 僕は部屋を飛び出した。キッチンで夕食の準備をする母。丸々と太った飼い猫の腹。全てがいつも通りの光景だった。

 あまりの勢いで玄関に向かう僕の背中には、「どこ行くの?」という母の声が投げつけられたが、返事もせずに駆け出した。

 僕は神から権利を得た。それを果たすために、再びこの世に生を授かったんだ。他にやるべきことなどない。揺るぎない目的は、どこまでも僕の背中を押してくれる。

 生きていることを実感しながら、ひたすらターゲットを目指して走る。相手と対峙したときに、どんな言葉をかけようかと考えながら。

 そしてその瞬間は訪れた。

 足が震えている。怖いのか? 勇気を振り絞ることに怯えているのか? 一度は死ぬことができたくせに? 行け。行け! さぁ、願いを叶えるんだ!

「あの……僕、神埼さんのことが好きなんだ。付き合ってもらえないかな……」

 一瞬にして全身が熱を帯びた。焼け焦げてしまうのではないかと心配になるくらいに。

 やったぞ。僕の願いは叶った。それは、彼女に気持ちを伝えること。どうせ彼女は遠山のことが好きなんだ。だったら結果は明白だ。だから、結果なんてどうでもよかった。僕の願いは、勇気を持って彼女に気持ちを伝えること。ただそれだけ。そして見事にそれは叶った。

 心にへばりついていたヘドロのようなものが、一気に剥(は)がれ落ちた。そうか。辛(つら)ければ逃げればいいんだ。バカ正直に向き合うことだけが全てじゃない。そして、願いを叶えるために挑みたければ、こうして挑めばいい。でも、生きていなきゃ願いは叶えられない。そうか。命というものは、こんなにも尊(とうと)いものだったのか。

 ごめんなさい、他に好きな人がいるの。という予定調和な彼女からの回答。それでも彼女の表情はどこまでも優しかった。

 夕日に染まる彼女。神崎さんには死ぬまで幸せでいて欲しい。心の底からそう願った。

 とぼとぼと歩く青年の潜在意識に神様が語りかけた。

「よく頑張りましたね。無事、願いも叶えられたことですし、天国へと戻ってきますか?」

 青年は空を見上げる。いや、天国を見上げて言った。

「もうひとつだけ願いを叶えてもらえませんでしょうか?」

「ほう? どんな願いですか?」

 青年は神に届くような声で叫んだ。 「このまま生きていたいです!」

GuX^ V[gV[giJ