会えない時の寂しさはもう 君に教えてもらったし

傷ついた人は涙を 流すって言うことの

意味もなんとなく 分かってきた

 

だから僕は待ってる いつでも僕は待ってる

何もしないで 何も考えないで

ずっと これからも 君だけを待ってる

 

よっぽど君が好きなんだね だってこんなに涙が出るから

今だけは誰にも会いたくないし 誰ともしゃべりたくない

 

川に揺れる月の灯りの中に

沈んで行った僕の涙

 

疲れ果てて寝転ぶ シーツの波の上

ボーッと君の事だけを 想い浮かべては

また今夜も眠れない

 

こんな日が続くなんて あの時思っていたの?

それでもいいさ このままでいいさ

ずっと これからも 君だけを待ってる

 

せっかく君に会えたのに もうさよならなんだよね

笑顔で「おわかれ」言ったけど ホントは涙が出そうだったよ

 

薄青い川のずっと奥の方に

 

沈んで行った僕の涙

 

だから僕は待ってる 君が好きだから待ってる

傷ついても 傷つけはしないよ

ずっと これからも 君だけを

今も これからも 君だけを 待ってる

 

よっぽど君が好きなんだね だってこんなに涙が出るから

今だけは誰にも会いたくないし 誰ともしゃべりたくない

いつかまた何処かで会いましょう 君を忘れるわけないだろう

明日からの僕は一人ぼっちで いつものように歩いて行く

 

音のない夜の騒がしさの中に

 

沈んで行った僕の涙

 

沈んで行った僕の涙

 

沈んで行った 僕の 涙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>