臆病者

その村に架かる橋は、とうとう全てなくなってしまった。

川が村を分断し、往来が困難になった。

「またどうして?」

村を訪れた旅人は不思議そうに尋ねる。

「ウチの村人は皆、臆病者でしてねぇ」

「臆病者? それが橋とどういう関係が?」

照れくさそうに村人は言う。

「渡る前に、叩いて壊しちゃうんですよ」

GuX^ V[gV[giJ