背後

チラッと振り向くと、後ろからどんどん迫ってくる。

その勢いは凄まじい。

前に向き直り、死に物狂いで逃げた。

それでも迫る背後の気配。

「クソっ!」

あれだけ逃げたのに。

逃げても逃げても追ってくる。

再び後ろを振り返ると、さらに距離は縮められている。

「これが1位のプレッシャーというやつか……」

GuX^ V[gV[giJ