瞑想

女はある瞑想プログラムに参加した。

「大きく息を吐いてください。頭と心が空っぽになっていくでしょう」

参加者は座禅を組み、目を閉じる。

女は無になろうと試みたが――

あっ、食後のアイスって買ってあったかな?

「心を無にしても尚、心に浮かぶもの。それがあなたにとって最も重要な関心事なのです」

GuX^ V[gV[giJ