人間関係

「煩わしい人間関係さえなければ幸せなのに……」

まん丸い満月が輝く夜、男は呟いた。

願いは叶えられ、男は人間関係のない場所で暮らすことに。

そこは誰もいない宇宙。

その状況は自ら望んだもの。

文句は言うまい。

しかし――

「たまには誰かとしゃべりたいなぁ」

ポツリ呟く。まん丸い地球を眺めながら。

GuX^ V[gV[giJ