色鬼

「い~ろい~ろ、何色?」

鬼が色を指定し、子供たちは一斉に逃げる。

公園にこだまする賑やかな声。

「い~ろい~ろ、何色?」

「青色ッ!」

子供たちは青色を探して全力で駆ける。

ひとりの子供が立ち止まり、ニヤッと笑うと、上を見上げた。

そのまま彼は空へ。

空の青を触るため。

どこまでも駆け上がった。

GuX^ V[gV[giJ