答え

わたしは何のために生きているのだろうか。

その答えを見つけたくて、男は自問自答を続けた。

人生を謳歌することも、妻を迎え入れることもなく。

ひたすらに答えを求めた。

「あっ」

その生涯を終える間際、ついに答えに辿り着いた。

「わたしの人生は、何のために生きているのかを考えるためにあったのだ」

GuX^ V[gV[giJ