許可

「しょうがないなぁ」

幼い男の子はボヤいた。

「赤色さん欠席かぁ……」

男の子は辺りを見回した。

「今日だけは特別だよ」

手招きする男の子。

嬉しそうにペコペコしながら、男の子のもとへ駆け寄ったのは、悪魔。

「虹の赤色担当が欠席のため、今日は特別に黒色を許可する!」

男の子は胸を張って許可した。

GuX^ V[gV[giJ