誰かの気配

クソッ!

男は恐怖を感じ、走り出した。

何かから逃げるように。

常にまとわりつく誰かの気配に苦悩し、男は医師に相談した。

「君の思い込みだよ」

そう言われても納得できない。

確かに尾けられている。

医師に勧められて訪れたこの場所。

それでも男は気配に怯え、どこまでも逃げ回る。

誰もいない無人島で。

GuX^ V[gV[giJ