明けない夜

日が暮れ、今日も夜が更ける。

辺りは真っ暗になり、僕は眠る。

深い眠り。

そして、夜が明ける。

夜が明ける?!

夜が……明けない。

世界は真っ暗なまま。

ひと筋の光も差さない。

その日から僕は闇をさまよい続けた。

いつも通りの朝が来ることを祈りながら。

――あれ?

もしかして――

僕、死んじゃったのかな。

GuX^ V[gV[giJ