失くしたもの

失くしたものが、ひょっこり現れることがある。

もう二度と現れないと諦めていたものが。

「やぁ。久しぶり」

夏の終わり。

あの日、失くした君の命。

目の前に、ひょっこり現れる。

君のいない日々を悲しみ続ける必要なんてなかった。

僕が君に会いに行けば済んだだけの話。

「天国って、こんな場所なんだね」

GuX^ V[gV[giJ