まちがいさがし

「おっ」

男は雑誌の隅にある〈まちがいさがし〉に目を留めた。

暇つぶしがてら取り組んでみることに。

まちがいの数は8個。

何度探しても最後の1つが見つけられず諦めた。

モヤモヤしたまま、答えが掲載される次月号を待った。

そこに掲載されていたのはお詫び文。

『まちがいの数に間違いがございました』

GuX^ V[gV[giJ