ゴロゴロと雷鳴が轟いている。

今にも落ちそうな雷の迫力に、幼い娘は怯えっぱなし。

「おへそを隠さないと、雷様に取られちゃうよぉ」

今にも泣き出しそうな娘。

「あとね――」

娘に耳打ちする。

「若い男の人がママに会いに来てたのも、隠しておかなきゃダメだよ」

「なんで?」

「パパの雷が落ちるからね」

GuX^ V[gV[giJ