秒針

「はぁ、忙しい……」男はため息をつく。

時間に追われ、息つく暇もない。

男は時計の中をぐるぐると走っている。

その背後に迫り来る秒針。

逃げても逃げても、それは脅すように追ってくる。

「そうか!」

男はあることを思いついた。

憎き秒針から逃げる方法。

そして男は新しく購入した――

デジタル時計を。

GuX^ V[gV[giJ