予言

小説家の男は企んだ。

「未来を言い当てるネタを書き続ければ、いくつかは実現するだろう」

男は、

『彼は既に小説の中で未来を予言していた!』

という文壇からの評価を想像し、ほくそ笑んだ。

数年が経ち、男の予言は見事に的中。

しかし彼は小説家という職を失った。

小説はAIが執筆する時代が到来した。

GuX^ V[gV[giJ