地獄

閻魔大王は一日の仕事を終え、神々と酒を酌み交わしていた。

「近ごろ地獄行きを希望する人間が増えておってなぁ」

「ほう? あんなにも恐れられていた地獄になぜ?」

「天国は退屈。地獄のほうが生きがいを感じられそうだと」

神々は声を揃えて笑った。

「死者が生きがいを求めるとは、結構なことですなぁ」

GuX^ V[gV[giJ