第三の目

男は目覚めると、激しい頭痛を覚えた。

あまりの痛みに、おでこを掻きむしる。

気になって洗面台へ。

すると、おでこに第三の目が!?

「もしかして……」

意識を集中すると、朧げに風景が見えはじめた。

「未来が見えるのか!?」

目を凝らす。

しかし、ハッキリとは見えない。

男は気づく。

「クソッ! 近眼かよ!」

GuX^ V[gV[giJ