何気なく足を伸ばす。

「あれ? これ何本目の足だ?」

気づけば3本目の足を伸ばしていた。

4本目、5本目と動かし、ついには8本目。

「そうか! 今世はタコに生まれ変わったんだった」

次の瞬間、突き刺さる痛みと落雷のような衝撃を感じた。

「違う……タコ足配線用のコンセントに生まれ変わったんだった」

GuX^ V[gV[giJ