命を救ったはずなのに

ぼんやりと目が覚める。唇の端にはヨダレ。机の上で枕にした腕が痺(しび)れている。目ヤニが気になり指で目をこすった瞬間、脳天に落雷が落ちた。
「うそだ?! 寝ちまった!」
目の前のパソコンモニタに目をやる。見慣れたデザイン。瞬きしながら夢心地で祈ってはみたが、完成しているはずもない。だって、眠ってしまっていたんだから。
反射的にデジタル時計を睨み、現実を直視する。プレゼン用のデザインを提出するタイムリミットまで1分を切っている……。
広告代理店のクリエイティブ局でデザイナーとして働く俺は、社運を賭けた今回の大型コンペのデザインを任されていた。名の知れた広告代理店3社が競うコンペだけに、ここ数ヶ月、社内も常にピリピリしていた。
「終わった……」
激しく打ち続ける心臓。冷たい汗が背中を伝(つた)う。クソッ。あと5分あれば間に合うのに。あと5分あれば――。

「これ、一生に一回だけ効能を発揮する薬なんですよねぇ」
ある日のバーでの出来事。
広告代理店のデザイナーときたら、終電がなくなる時間まで仕事するなんて当たり前。徹夜だって珍しくない。
その日も終電を失い、タクシーに身を預ける。途中でふらりと繁華街に立ち寄り、見慣れない雑居ビルにあるバーに飛び込んでみた。
「薬? なんだか怪しいっすね」
「ちっとも怪しくなんかないですよ。古くから伝わる薬だし、身体に害もない。この世の時を5分間だけ止められる権利を持つ。ロマンを感じませんかねぇ?」
隣の席でウイスキーを傾ける中年の男は、薬を見せながら酔った俺に話し続ける。
普段だったら、そんな怪しい話に乗るわけがない。しかし、その日はストレスでも溜め込んでいたのだろう、興味をそそられている自分に気づいた。そして、男から――時間を止められるらしい――その薬を買うことに。値段は決して安くない。「何に使うかは、あなた次第ですけどねぇ」と目をギラつかせる男から、俺はその薬を受け取った。

ふと薬のことを思い出した。あの日から、使い道に迷っていたのは事実だ。邪(よこしま)な欲望に利用しようと思ったことも数知れず。しかし、なぜか使わずに今日を迎えた。
あと5分あれば、デザインにキャッチコピーを挿入し、完成させられる。メールに添付して送れば提出時間に間に合うはずだ。
――今しかないんじゃないのか?
淫(みだ)らな欲望を満たすために使えないのは、正直惜(お)しかった。ましてや仕事で使うハメになるなんて。でも、そんなこと言ってる場合じゃない。
腹をくくった俺は、カバンから財布を取り出し、無地の白い紙で包んだ錠剤を手のひらに乗せる。
「あぁもったいない……でも、仕方ない!」
机の上に寝かせたペットボトルの天然水を鷲掴(わしづか)みし、薬を一気に飲み込んだ。
数秒後、襲ってきたのは激しい頭痛。血がドクドクと音をたてて巡り、頭が割れそうなほどの激痛が。思わずうめき声が漏れる。
痛みを堪(こら)えるために強く閉じていた目をゆっくり開くと、それまで当たり前のように仕事をしていたスタッフたちの動きが静止していた。
「時が……止まってる?!」
目を疑うとはまさにこういうことだろう。窓に駆け寄り地上を見下ろしてみると、目に映る景色のすべてがストップしていた。あの日、男が言った通りに。
そうだ! たった5分しか時間は止まらないんだった! 我に返り、再びモニタの前に。気合いを入れ直しマウスに手を乗せた瞬間、男の叫び声が耳に飛び込んできた。

「屋上で女性が飛び降りようとしてるんです! 誰か協力してください!」
なんで男の声がするんだ? 時が止まってるはずなんじゃないのか?
悲痛な叫びに気を取られはしたが――申し訳ない、かまってる余裕は俺にはないんだ――と、マウスを動かし続ける。
その声は徐々に大きくなり、ついには俺のそばまでやってきた。最悪だ!
「普通に仕事をしているところを見ると、あなた――動けるんですか?」男は鼻息を荒くする。
「あ、まぁ、そうですね」
「よかったぁ! これで彼女を救える! もしかして、あなたも薬を?」
とりあえず首を縦に振る。この男も同じ薬を飲んでいるのか? それにしても、なんと間が悪い。同じタイミングで薬を服用するなんて。
「僕の大切な人が、今、屋上で飛び降りようとしてるんです! ずっとずっと目を離さず見守ってきたのに、僕としたことが……」男はヒステリックに話し続ける。「彼女を救うために薬を飲んだんです! あなたが何の目的で薬を飲んだのかは知らないが、協力してくれませんか?」
「申し訳ないっすけど、どうしても間に合わせなきゃならない仕事があって――」
「バカヤロウが! 人の命と仕事とどっちが大事なんだ!」
男はそう叫ぶと、俺の頬を思いきり張りやがった。あまりの迫力に気圧(けお)され、従うように男の後をついていくしかなかった。

「よかった! 間に合ったぁ」男は涙で顔面を濡らす。
男の言うとおり、ひとりの女性が屋上から、今まさに飛び降りようとしていた。この世界を見捨てる決意は済んだ様子で、屋上のフェンスからは既に半身が投げ出されていた。男が時を止めていなければ、助からなかった命だろう。
「一緒に彼女を抱きかかえてくれませんか?」
二人は屋上から伸びた庇(ひさし)に足をかけ、彼女をこっちの世界へと引き戻した。男は心から安心した様子。横たわる彼女に寄り添い、ぎこちない手つきで彼女の髪を撫でる。
「ありがとうございました」と見上げる男に「とんでもない」と照れ笑いした瞬間、再び脳天に落雷。デザインは全く進んでないし、どれだけの時間を使ってしまったのか見当もつかない。
「じゃあ、俺、行きますね!」とだけ言い残し、全力で屋上をあとにした。
そしてフロアに足を踏み入れた瞬間、「どうしたんですか? そんなに慌てて」と、笑いを含んだ女性社員の声が突き刺さった。
「終わった……」
世界はもう、元通りになっていた。5分前と何ら変わらない世界へと。

あれから数日後、俺は社長室へと呼び出された。
「今回の件、どう責任を取ってくれるんだ?」
凄(すご)む社長の威圧感に、ただただ謝るしかなかった。
時間通りにデザインを出せなかったことで、コンペは敗北。会社は案件を逃しただけでなく、投じた費用も水の泡になった。
降格は避けられない……いや、最悪の場合、クビの可能性だって――処分に怯えながら謝罪を続けていると、社長の様子が急変した。
「まぁ、コンペには負けてしまったが、そんなことより安心する出来事があってなぁ」社長の表情は緩(ゆる)み、声色も丸くなった。
「実は――ウチの娘が、我が社のビルの屋上でちょっとした事件を起こしてしまってなぁ。もうちょっとで命を落とすところだったんだが、ある二人の男性のおかげで命が救われたそうだ。どこの誰だかわからないが、彼らには感謝しかないよ」すっかり父親の表情になった社長は、朗らかに笑う。
おいおい、勇敢な男性二人のうち、ひとりはこの俺だぜ。この俺なんだぜ。でも、この場で「僕が娘さんを助けました!」なんて主張しても、信じてもらえるどころか、頭がおかしいと思われるに違いない。
俺が助けたことを証明できるのは、あの男しかいない。なんとしても男を探し出し、社長に証言してもらわなければ。娘さんを救ったのが俺だとわかれば、今回の失態だって帳消しになるはずだ。どんな手を使ってでもヤツを探さねば――。

証人探しの意気込みに肩透かしを食わせるように、男は自ら俺の前に姿を現した。それも、意外な方法で。
ヤツはテレビの中にいた。探し求めていた姿がそこにあり、思わず呆気にとられる。それと同時に、ヤツを社長室につれていき、俺の勇姿を証明するプランは完全に消滅した。
あの日の男の言葉が蘇(よみがえ)り、俺はすべてを理解した。
『ずっとずっと目を離さず見守ってきたのに、僕としたことが……』
報道番組の中、ストーカー容疑で逮捕される男。社長令嬢に悪質なストーカーを続けたことで逮捕されたようだ。しかも、度重なるストーカー行為に悩まされ、彼女はあの日、自殺を図ったらしい。
携帯が着信を告げる。ディスプレイには上司の名前。
「もしもし――」
予想通りの結末。それが俺の降格を告げる電話だったことは、もはや言うまでもない。

GuX^ V[gV[giJ