文明の果て

人間は産声をあげた瞬間から、その一生をカプセルの中で過ごす。

身動きひとつしないまま。

肉体の成長は管理システムが制御。

脳にはシステムがインストールされる。

望むがまま、仮想空間で生きられる。

文明が進化し何でもできるようになった人間が選んだもの――

それは、何もしないという選択肢だった。

GuX^ V[gV[giJ