保留

清美は急にあること思い出しヒヤッとした。

「まさか、もう待ってないよね?」

高校の頃、島田君から告白を受けた。

「返事、待ってもらってもいいかな?」清美は答えた。

あれから20年の歳月が流れた。

さすがにもう――と決め込み、島田君の情報をSNSで探す。

彼のステータスには、独身と書かれていた。

GuX^ V[gV[giJ