信号が赤に変わる。

それを見るや、一気に目つきが変わり、突進しはじめた。

あまりの勢いに周囲は騒然とする。

通行人は命からがら身をかわした。

信号はことごとく赤が続く。

しかし、さらに興奮した様子で、暴走は止まらない。

向こうのほうで男性が叫ぶ声がした。

「気をつけろ! 闘牛場から逃げ出した!」

GuX^ V[gV[giJ