想像力

「先生の死因は極度の拒食症か……」

編集長と担当編集者は作家の死を悼んだ。

「締切のストレスだろうか?」

「そうじゃないらしいです」

彼の才能は人間離れした想像力。

食べ物を目にするだけで、味や食感が想像できるようになった。

食事という行為が不要になった彼は――。

「想像力に殺されたのか……」

GuX^ V[gV[giJ